(2010/03/16)
カテゴリー: 上七軒について
投稿者: 市

null


上七軒は京都最古の花街です。

室町時代に北野天満宮の再建の際に残った用材を使って7軒の茶店を建てました。

これが「上七軒」の由来です。

桃山時代に豊臣秀吉候が北野で大茶会を開いた折に茶店側は

団子を献上したところ大いに誉められて以来、

また西陣の結びつきで花街としての繁栄を極めてきました。

京都で最古の歴史と由緒ある花街です。

毎年春になると上七軒最大のイベント『北野をどり』、

秋には『寿会』が上演されて良い技芸を磨き披露しています。

また、夏には上七軒歌舞練場のお庭でビアガーデンが開かれます。

浴衣姿の舞妓さん芸妓さんが出ていますので、

どなたでも気軽に会話やお酒が楽しめます。

この上七軒界隈は京都市の「重要景観整備地域」にも指定されています。